ニールセン・カンパニー合同会社

  • 外資系企業
  • 女性が活躍
43_ニールセン・カンパニー合同会社 _メイン画像

ニールセン・カンパニー合同会社 について

~世界最大級のマーケティングリサーチ会社~

<ニールセンについて>

・様々な市場情報の収集から分析、その結果から得られたコンサルテーションを通じて、顧客となる企業・団体のマーケティング活動の成功を支援する会社
・本部は米国のニューヨーク、1923年設立
・現在、世界106カ国でビジネスを展開中、4万人以上のスタッフが世界中で活躍中

この4万人が世界中の消費者が何を視聴し、何を購入しているか、それは何故か?を日々考え続けています


企業概要

企業・団体名
ニールセン・カンパニー合同会社
業種
マーケティングリサーチ
会社の特徴
外資系企業
女性が活躍
事業内容
<会社概要>

ニールセンホールディングスplc(NYSE: NLSN)は、世界的な調査会社として消費者の購買行動、視聴行動の分析を行っています。「視聴行動分析部門」は、メディア・広告企業向けに各種デバイス上での動画・音声・テキストコンテンツ消費動向を把握するトータルオーディエンス測定を提供しています。「購買行動分析部門」は、消費財メーカーや小売企業を対象に業界で他に類を見ない世界規模のリテールパフォーマンス分析を提供しています。視聴行動分析、購買行動分析を他のデータと組み合わせた世界レベルの測定・分析により、ニールセンはクライアントのパフォーマンス向上を支援します。S&P 500企業として、世界人口の90%を網羅する100カ国以上に拠点を有しています。詳細は当社ウェブサイトをご覧ください: www.nielsen.com
資本金
4,550万円
設立年月日
1965年11月
代表者氏名
社長 福徳 俊弘
株式公開
非上場
従業員数
70名
平均年齢
38歳
本社所在地
〒1080071 東京都港区赤坂2-17-7赤坂溜池タワー11階
地図
沿革
・当社は、現在のマーケティングリサーチの創始者として有名な Arthur C. Nielsen, Sr. によって1923年にアメリカで創設されました。

・このNielsen氏が初めて、小売店の売上データをまとめてマーケティング企業に提供し始め、「マーケティングシェア」という概念を生み出しました。以降、ラジオがサービスを開始すると「ラジオ聴衆率」、TVが世に出ると「TV視聴率」を提供し始めるなどしながらビジネスを成長させ、現在でも「世界中の消費者が何を見て(Watch)、何を買っているか(Buy)」を明らかにすることを中心に事業を展開しています。
・さらに、「消費者の分析~商品分析~マーケティングコミュニケーション活動~売り場の最適化」までのマーケティング課題を解決する調査やメソッド、モデルなどを提供しています。

・現在は、106か国で事業を展開し、4万人以上の社員が世界中で活躍しています。

・日本支社の創設は1965年です。現在、ニールセングループ会社3社を合わせた約130名のチームメンバーと共に、クライアントの課題解決の為に日々マーケティングリサーチ活動を行っています。